FC2ブログ

トイレットペーパー①

 2017-04-03
旅先でホテルのおトイレに
トイレットペーパーのホルダーが2個あり

「少ない方からお使いください。
使い切りにご協力をお願いいたします。」

と張り紙がありました。

今までどちらを使うかなんて
気分で選んでいました。

確かにみんなが少ない方から使って使い切れば、
お客様のために、どっちも少ないから
どっちも取り替えないないといけない
っててことが無くなるわけです。

今後はどこに行っても使いきりに協力いたします(^∇^)ノ










カテゴリ :環境 トラックバック(-) コメント(-)

抗菌グッズ

 2013-09-05
抗菌とか除菌とか菌が悪者になっちゃっていますね。

抗菌、除菌なんて代物は薬品が使われています。
その薬品の方がよっぽど恐ろしいと思います。
シュッシュッと手軽にスプレーしたとしてもまた菌は繁殖してきます。
シュッシュッとやりながら薬品も撒いているのです。
抗菌グッズにしても薬品が練り込まれたり付着させたりしてあります。
その薬品が皮膚から体内に侵入してくることだってあるでしょう(;一_一)

毎日掃除機をかけて、それでも気が済まなければエッセンシャルオイルのラベンダーを含ませたタオルで
そっちこっち拭いた方がずーっと健全でしょ。

ビフィズス菌、酵母菌、納豆菌、乳酸菌、こうじ菌等々お世話になっている菌も沢山あります。

本当に何が必要なのか、本当に何が安全なのか自分でよく考えないとね。
(^o^)丿

携帯電話の電磁波

 2013-09-04
携帯電話からは電磁波が出ています。
1996年4月14日の英紙・サンデータイムズに
『危険・携帯電話であなたの脳が“調理”される』という記事が有りました。
携帯電話から電子レンジと同じマイクロ波が出ています。
水分を含んだ脳の細胞の温度を上昇させたり、脳細胞のDNAが破壊されるということです。
もう17年も前に警鐘は鳴らされていたのです。

電磁波被曝量の日本における規制値は、アメリカの5倍、オーストリアの1000倍と極めて緩い値です。

また、イギリス政府は、
『16歳以下の子供の緊急時以外の携帯電話使用を控え、8歳以下の子供の使用を禁止するように』
との勧告を出しています。
フランス、ロシア、イスラエル、フィンランド、スウェーデンなども
特に影響を受けやすい子供の携帯電話使用を制限するように勧告を出しています。

日本は電磁波に対する規制は野放し状態です。

自分で体を守らなければなりません。

出来る限り体から離しておくことが出来ますように。
<(_ _)>

便座で節電

 2013-07-21
様式の便座はフタを閉めましょう!(^^)!
フタが開いていると便座の温度を保とうとして放熱した分、加熱します。
フタが閉まっていると放熱する分も少なくなります。
フタを閉めることによって節電できるってわけです。
(^_^)v
忘れずにね……。。。

電子レンジ

 2013-07-20
うちには20年以上、電子レンジは有りません。
全く困っていません(^_^)v
チンして温めることに非常に不安を感じるからです。
マイクロ波で分子を振動させ摩擦熱で
食べ物を温かくする事に危険性を感じるからです。

便利だけどその便利さが健康を害していないかどうかって
ちょっと疑って調べてみる力を付けていってくださいねm(__)m

コンビニ弁当

 2013-07-19
私はコンビニのお弁当を食べたことが有りません。
コンビニのオニギリは食べてしまったことは何回か有ります(-_-)
でもお弁当は食べたことが有りません。
コンビニの関係者の方々には申し訳ないのですが、どうも食べる氣になりません。
半日以上経っても硬くならないご飯、腐らないオカズ。
不思議で仕方ありません。
原材料の産地はどこなのか、キャリーオーバーも含め食品添加物はどれだけ使っているのかとても不安を感じます。

“便利さ”“手軽さ” を優先していたら、健康は後回しになってしまいます。
そして「命を頂く」ってことを真剣に考えて食事をしたいと思います。
(*^_^*)

子供たちが毎日コンビニのお弁当を買って登校する姿を見た校長先生が
子供たちの体を心配し学校に給食室を作り
お昼ご飯は完全給食制にした私立高校も有ります。

小中学校の給食を大改革した先駆者の大塚貢さん(長野県上田市真田町・前教育委員長)は、
「授業改善、米飯給食、花づくり」によって子どもたちの心身を甦らせました。
現在この小さな町は非行・犯罪ゼロ、いじめもゼロ、
そして全国平均より抜きん出て学力が高いということです。

食べ物が体を作っているってことを忘れないでね(^人^)

『世界を良い方向に変えてゆく』

 2013-07-19
ユニクロって販売した全ての商品の回収をしてるんですね。
フリースの回収をして再生してるのは知っていましたが
全商品を回収してるのは最近知りました。
回収した物は材料としてリサイクルされたり
難民、避難民の方々に届けられリユースされているんですって。
ユニクロの企業の社会的責任(CRS)ビジョンは
『世界を良い方向に変えてゆく』  だそうです。

また、私たちが買物をしたことによる利益の一部が
リユース・リサイクルの活動資金になるのですね。

『世界を良い方向に変えてゆく』
………お手伝いしましょう (*^^)v

もったいない

 2013-07-19
チューブのハンドクリーム、歯磨き粉、ヘアーコンディショナー等々
絞っても絞っても出なくなったら上3分の1くらいのところでばっさり切ります。
するとナカナカの量が残っています。
もったいない

まず、上3分の1の方から使って蓋にします。
もったいない2
そうそうマヨネーズやケチャップもばっさり切って蓋付近にたまったマヨネーズを
細いスプーンやお箸でかき出して使い切ります。
えぇ~ケチくさい??
でも、もったいないもん。
σ(・´ω`・)





寄付

 2013-06-12
寄付をする時はその団体がきちんとしたものかどうかを見極めましょう。
私はユニセフに7年間マンスリーサポートというかたちで
毎月少しですが寄付をさせて頂いていました。
ユニセフは子供たちを守る活動を一生懸命にやっていると信じていたからです。
ある日、ユニセフに付いてネットで情報を見ていると
高輪の一等地に25億円掛けて本部ビルを建てたという記事を見付けました。
(その他に土地が約11億円、計36億円です。)
「私が寄付をしていたものの一部が高輪のビルに成ったのか!!!」と、
怒りと悔しさと残念な気持ちと悲しさに襲われました。
集まった寄付金の25%未満は事務費等として使って良いという規定があるそうです。
100円寄付すれば24円は事務費等に回され子供たちの元へは届いていないという事です。
その事務費とやらは、ダイレクトメールや季刊誌発行に係る経費、
はたまた天下りしてきた役員や○○大使とやらに払われる
報酬・日当・旅費等も含まれているそうです。
(節約して事務費を10%とか8%とか5%とかに抑える努力はどうした<`~´>
 25%枠を目一杯使ってんじゃないわよ!!!と言いたい(ToT) )
(何で高輪じゃなきゃいけないんだよ!!!とも言いたい(ToT)(ToT) )

家計は楽ではないけれど 「困っている子供たちに使ってもらえるのなら」
という思いで寄付を続けていました。
25億円のビル建設の手助けをするために寄付をした覚えは一つもありません。
この事実を知り寄付を止めました。

今は国境なき医師団に毎月少しの寄付をさせて頂いています。
この金額をもっと増やせるように頑張ってお仕事します。
o(^o^)o

時々、戸別に寄付を募りに来る若い青年が居ます。
「違う所に寄付をさせてもらっているのでごめんなさいね。」と言って帰ってもらいます。
彼らは洗脳され或いは騙され信じ切り危ない団体の活動員となっている場合もあります。
寄付をしたお金が本当に正しく使われている団体である事を確認するのも
寄付側の義務になってしまったようです。
善意の寄付が良心を持つ人の手によって100%正しく使われる日が来る事を祈ります。
(^人^)

リサイクル(カン・ビン)

 2013-06-05
カンやビンもリサイクルしましょう。
燃えないゴミで出してしまえばそれで終わりです。
リサイクルに出せば、また違った形でみんなのお役に立ってくれるのです。
人間の都合で便利さを追求した結果、森林が切り倒され
アルミやスチールなどの大事な資源がどんどん枯渇してゆくのです。
せめてもリサイクルをすることでお返ししなくては。
「面倒臭い」を理由にしたらいけないと思います。
自分だけでも良いのです。
コツコツやれば良いのです。
その姿を見てたった一人の人が感化されてくれればそれでOKなんです。

自分の可愛い子供。
その可愛い子供の子供。
さらに可愛い子供の子供の子供。
その子たちが住みやすい地球であって欲しいと思うのは当たり前のことです。
だからリサイクルやリユースを当り前にしちゃえばか~んたん。
(*^ー^)ノ♪

お米

 2013-06-04
八 + 十 + 八 = 米

“八十八”回、手間を掛けて育て収穫されるのが お“米”。
旦那さんとばぁちゃんがお米作りをやっているのを見てると
実際は八十八回よりもっともっと手間を掛けています。
ばぁちゃんは、お米の成長を喜び、秋に黄金色になるととても嬉しそうです。
(他人の田んぼを見ても「キレイだねぇ」って嬉しそうにするんだよ(*^_^*) )

だから、お米粒は残さないでください。
レストランでお皿やお茶碗にお米粒が残っているのを見掛けると悲しくなります。

また、「今日はちょっと食欲がないかなぁ」なんていう時はご飯を軽めにしてもらいましょう。
足りなかったらオカワリしましょう。
お料理もちょうど良い量を見極めて頼み過ぎないように、足りなくないように工夫しましょう。
飢餓で子供たちが苦しんでいる国も有ります。
飲み物や食べ物が簡単に手に入る現実に感謝して、大切に頂きましょう。
作っってくれた農家さんにも感謝感謝だね。
(^人^)

リサイクル(紙)

 2013-05-29
紙をリサイクルしましょう。
ダイレクトメールや情報誌、チラシに包装紙等々毎日のように大量の紙を扱うと思います。
不要なものはゴミ箱ではなく、出来るだけリサイクルしましょう。
例えばティッシュの箱やクッキーの箱。
捨ててしまえば灰になってしまうけれど、段ボールの間に挟んでリサイクルに出せば
また段ボールなどの再生紙に生まれ変わってお仕事をしてくれます。
ちょっとの心掛けが地球の緑を守る第一歩になります。
面倒臭さがらずリサイクルしましょう。
緑がいっぱいの美しい地球を子供たちに残すために。
(*^_^*)

節電

 2013-05-18
使わない電気製品のコンセントはまめに抜きましょう。
待機電力は消費電力の約6~10%にもなるそうです。
いろんな電気製品に時計が付いてるけど、
お部屋に一つ時計を置いてそれを見る習慣をつければすみます。
タイマーを設定しなくてはならないものなど
どうしてもコンセントを抜けないものの数を極力少なくしましょう。
更に、観ていないテレビは消す、廊下や階段の明かりは消す、
暖房便座のフタを閉める等々も節電効果大です。
月の電気代が一万円だったとしたら、千円も節約できる可能性が有るのです。
( ̄ー ̄)
その千円で大好きな人とランチに行こう。
(⌒0⌒)/

地産地消

 2013-05-14
以前、旦那さんが「オクラ」の輸入業者さんとお付き合いをしていた時のことです。
「輸入された野菜は沢山の防腐剤が掛けられているから絶対に食べちゃダメだよ。」
とその方から教えて頂きました。

オクラを始め椎茸やブロッコリー、アスパラガスなど収穫してからすぐに劣化の始まるものが
何日もかけて海を渡って来たにも関わらず、店頭でミズミズしく並んでいるのは不思議なことです。
相当の防かび剤などが使われているのでしょう。
防かび剤、殺菌剤等の安全性を主張する人も居ます。
でも私には安全であるとは信じられません。

日本で頑張っている農家さんを支援するためにも輸入野菜は買いません。
出来れば「地産地消」。
夢は「自給自足」。
(*^_^*)

食品添加物

 2013-05-12
食品添加物は何故表示義務が有るのでしょうか?
それは……危険なモノだからです。
腐らせない、見た目を鮮やかにする、美味しく感じさせる、
コストを下げるために増量させる、栄養を強化する等
人間の都合で添加されているのです。
お買い物をする時は、原材料を見て添加物の入っていないものや
入っていたとしても出来るだけ少ない物を選ぶようにしましょう。
毎日食べる物に氣を付けて体に蓄積される毒を出来るだけ少なくするように心掛けましょう。

厚生労働省によると、食品添加物は数々の動物実験を経て
その安全性は確保されているそうです。
ラットは人間じゃないし!
ラットは人間みたいに何十種類もの食品を食べないし!!
数え切れない犠牲になった命が残してくれたデータをそのまま人間にあてはめて
安全と言うのはおかしいと思います。

授かった命と体とを少しでも綺麗に戻して、お返しする時を迎えたいと思っています。
(*^_^*)

F1種

 2013-05-10
「F1種」って知ってる?
F1種とは、人工的に交配させ作られた種でその作物の品質は,収穫量が多い、
成長が早い、均一性がある、収穫してから長持ちする等々です。
しかし、その実からは種が獲れない又は獲れたとしても親の性質とは違ったものとなってしまうそうです。
また、その生育に大量の化学肥料と農薬を必要とします。

農家はF1種で野菜を作った場合、その野菜からは種が獲れないため
毎年、種の会社からF1種を買い続けなければならなくなってしまいます。
同様に化学肥料、農薬もです。

植物や私たち動物は何のために命を授かったかを中学校の理科の授業で教わりました。
それは 『種の保存』 です。

今、自然界の掟が人の手によって崩壊しつつあるのです。
F1種から獲れた野菜は市場で売られている物の90%以上とも言われています。
100年後にこの地球に生きている人々がどのような影響を受けるか考えないのでしょうか?
種が売れ農薬や化学肥料が売れて会社が儲かれば良いというのは間違っていると思います。

一方、自然農法や有機農法で頑張っている
May-Jin、大地を守る会、ポラン広場等々の生産農家の方々もおられます。
未来の地球のために頑張っている農家の方々を応援しましょう。
そして、安全なものとそうで無いものを見極める目を養って行きましょう。
自分の体を守るために……。
そして何より美しい地球を守るために………。
(^人^)

野に咲く花

 2013-05-09
2013050818140000.jpg
野に咲く花を見てごらん。
神秘的な花びらの形、香り、色合い……etc.etc.
人間がどんなに素晴らしい技術を持ってしても同じものは作れません。
自然は偉大です。
地球は偉大です。
私たち人間も自然の一部です。
地球は人間のもののようにしばしば語られるけれども大きな間違いです。
土地を売った、買ったと言うけれど地球にしてみれば「何のこっちゃい?」でしょう。

生かされていることに感謝し地球を汚さないように
少しでも良いから、出来ることをやりましょう。
(*^▽^)/★☆♪
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫