FC2ブログ

準決勝へ

 2010-07-26
浦学は明日、準決勝です。
本庄一高との対戦です。

明日は応援に行きます!
3年生のある選手のために
何が何でも勝たなければなりません。
胸が張り裂けそうです。
涙が溢れてしまいます。
念願の甲子園へその選手を連れて行ってあげたいです。
気持ちが落ち着いたら
経緯を書きます。
<(_ _)>
関連記事

5回戦突破

 2010-07-23
浦学は5回戦を突破し
ベスト8となりました。
優勝まであと3つ。

次は県立所沢北高校との対戦です。
一つ一つ確実に堅実に
積み重ねたモノを出し切るだけです。
メンバーに選ばれた選手も
スタンドで応援している選手も
心は一つです。
私たち父母も心を一つに応援するだけです。

今日、浦学戦では有りませんが
負けてしまったS高校の有る選手が
「オレのせいで負けてしまった。」
と声をあげて泣いていました。
通りすがる時に思わず涙がこみ上げてしまいました。
涙が出るほど悔しく感じたことは
この後の人生の宝物になることでしょう。

茨城大会もベスト8が決まりました。
水商
水城
霞ヶ浦
妻一
妻二
波崎柳川
藤城
桜ノ牧      です。


埼玉のベスト8は

浦和学院
市立川越
所沢北
本庄第一
花咲徳栄
川越東
西武台
春日部共栄    です。

甲子園出場まであと少し。
みんなガンバレ!!!

関連記事

ETC

 2010-07-22
浦和へは高速道路を使って行きます。
ですのでもちろんETC車です。

この前の日曜日、
高速道路への入り口で
私の前の車がETCカードを入れ忘れていたようで
ゲートが上がりませんでした。
その車は車体が低かったので
上がらないゲートをそのままくぐり抜けて行ってしまいました。
係員の人が直ぐに来てくれて
べローンと取って欲しそうにしている通行券を抜いてくれて
次に待つ私の車を通過させてくれました。
係員の人も入場券を手に苦笑いです。

実は私もカードを入れ忘れ
ETCの入口に入ってしまったことが有ります。
ゲートが上がらず急いでカードを入れたのですが
時すでに遅し。
係員の人が「通行券を取って出口で精算してください。」
と言うので
車から降り歩いて少し戻り
後ろで待つ車に「ごめんなさい」のおじぎをし
べローンと取って欲しそうにしている通行券を抜いて車に戻りました。
本当は浦和インターで降りるのですが
ETC料金が適用されないとかなり高くなるので
次の真岡インターでいったん降りようとしました。
真岡インターで事情を話すと
「真岡でわざわざ降りなくても
 浦和まで行ってETCカードを提示すれば
 ETC料金で精算できますよ。
 だからバックで戻ってUターンして行っちゃってください。」
って。
いくら出口付近とはいえ
高速道路をバックで走ったのは貴重な経験です。

で、浦和インターで事情を話しETC料金で精算してもらえました。
出る時に念のためにとナンバーを控えられました。
ですので時間がかかり後ろの車にはまたまたご迷惑をお掛けしました。

とにかくETCカードを入口で入れ忘れても
ETC料金で高速は乗れます。
パーキングエリアでカードを一旦抜いてしまい
そのまま出口に行っちゃったとしても
係員の人が出てきてくれて助けてくれます。
あぁ日本って素晴らしい国だなぁ。。。
無人化にはまだまだ時間は掛かりそうですねぇ。
( ̄∀ ̄;)


関連記事

3回戦突破

 2010-07-18
18日深谷商業に6対0で浦学が勝ちました。
(^_^)v

3年生の先輩達は
本当に後輩に優しく性格の良い子ばかりなので
県大会を優勝して欲しいです。
そして、全国制覇して欲しいです。

メンバーに入れなかった選手達も
そんな素晴らしい仲間達を
心から応援しています。
グラウンドの選手も
スタンドの選手も
心は一つです。

深紅の優勝旗を埼玉に!!

深谷商業の選手が自分たちの千羽鶴を
浦学に手渡しに来てくれました。
深谷商業の選手達の目は真っ赤でした。
泣くほど熱中できるものが有ったということは
素晴らしいことだと思います。

ますます浦学に頑張ってもらえるよう
応援します!!!


関連記事

運動会

 2010-07-17
今日は中学校の運動会でした。

気温が30度を超える暑い日でしたが
雨が降らず予定通りに終えることができたので
良かったです。
(^_^)/

徒競争、障害物競争、大玉送り、オールスターリレーと
中学生ならではの競技が面白かったです。

一年ぶりに会う子供たちやお父さんお母さんたち。
懐かしかったです。
可愛かった子供たちの顔付きが
凛として立派だったのが印象的でした。

月日の経つのがつくづく早いなぁと
思い知らされた一日でした。





関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫