FC2ブログ

 2019-11-18
先週末
仕事場の忘年会でした。

(うちの事務所は
10月に大掃除を
11月に忘年会を
行います。)

茨城県出身の
『詩人・横瀬夜雨』 さんの
『お才』 という詩が
お箸の袋に印刷されていました。

『心細さに出て山見れば
雲のかからぬ山は無い』

その詩にありました。


山は
霊験あらたかな場所として
崇められることが一般的です。

そんな場所でさえ
雲がかかる時もあるわけで……。

こんな私なんか
雲がかかりっぱなしで
良いんだわよ。
でも
晴れる日も
必ずや来るから。


勝手に解釈しました。

よしっ!
元気に
行ってきま~~す。
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。














関連記事
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫