FC2ブログ

寄付

 2013-06-12
寄付をする時はその団体がきちんとしたものかどうかを見極めましょう。
私はユニセフに7年間マンスリーサポートというかたちで
毎月少しですが寄付をさせて頂いていました。
ユニセフは子供たちを守る活動を一生懸命にやっていると信じていたからです。
ある日、ユニセフに付いてネットで情報を見ていると
高輪の一等地に25億円掛けて本部ビルを建てたという記事を見付けました。
(その他に土地が約11億円、計36億円です。)
「私が寄付をしていたものの一部が高輪のビルに成ったのか!!!」と、
怒りと悔しさと残念な気持ちと悲しさに襲われました。
集まった寄付金の25%未満は事務費等として使って良いという規定があるそうです。
100円寄付すれば24円は事務費等に回され子供たちの元へは届いていないという事です。
その事務費とやらは、ダイレクトメールや季刊誌発行に係る経費、
はたまた天下りしてきた役員や○○大使とやらに払われる
報酬・日当・旅費等も含まれているそうです。
(節約して事務費を10%とか8%とか5%とかに抑える努力はどうした<`~´>
 25%枠を目一杯使ってんじゃないわよ!!!と言いたい(ToT) )
(何で高輪じゃなきゃいけないんだよ!!!とも言いたい(ToT)(ToT) )

家計は楽ではないけれど 「困っている子供たちに使ってもらえるのなら」
という思いで寄付を続けていました。
25億円のビル建設の手助けをするために寄付をした覚えは一つもありません。
この事実を知り寄付を止めました。

今は国境なき医師団に毎月少しの寄付をさせて頂いています。
この金額をもっと増やせるように頑張ってお仕事します。
o(^o^)o

時々、戸別に寄付を募りに来る若い青年が居ます。
「違う所に寄付をさせてもらっているのでごめんなさいね。」と言って帰ってもらいます。
彼らは洗脳され或いは騙され信じ切り危ない団体の活動員となっている場合もあります。
寄付をしたお金が本当に正しく使われている団体である事を確認するのも
寄付側の義務になってしまったようです。
善意の寄付が良心を持つ人の手によって100%正しく使われる日が来る事を祈ります。
(^人^)
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mieko999.blog9.fc2.com/tb.php/397-f79c2d13
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫